結婚指輪はこだわって選ぼう【特徴とおすすめしたいポイント】

記事一覧

結婚しようと思ったら

ダイヤのリング

プロポーズの後は指輪を

皆さんは婚約指輪についてどのようなイメージをお持ちですか。女性の中には小さな頃から憧れを持っていたという方も多いのではないでしょうか。キラキラと輝くダイヤモンドは本当に素敵ですものね。一方で贈る側の男性としてはそもそもダイヤモンドなんてよく分からないし、婚約指輪の相場と言えば給料3ヵ月分と言われているしなど不安な事も多いのではないでしょうか。そんな方も安心してください。婚約指輪の相場が給料3ヵ月分と言われていたのは少し前の事で、今の平均は20万から30万円程となっています。この相場の予算を用意できれば、満足のいく指輪を用意する事ができるでしょう。ダイヤモンドにはカラット、カット、クラリティ、カラーの頭文字を取って4Cと呼ばれる品質評価基準があります。カラットはダイヤモンドの重さを表す単位で婚約指輪には0.3カラット以上のものが人気です。カットは研磨状態の評価でエクセレントを選ぶ方が多いでしょう。クラリティとは透明度の事で内包物があるかどうかです。婚約指輪には内包物が目立たないVVS1からSI1が人気です。カラーはダイヤモンドの色の事で無色透明が理想とされています。婚約指輪として人気があるのはDからHカラーであり、この中でなら肉眼ではほぼ判別できないほど無色に見えます。婚約指輪の相場は20万から30万円と申しましたが、この4Cを判断基準として、何に重点を置くかを考え理想的な婚約指輪を贈りたいですね。